不動産投資は株式投資よりもリスクが低く、リターンもそれほど悪くないと言われています。
しかしながら、不動産投資の手法は多岐にわたるので、自分に合った方法をまず探し、リスクや特徴をよく理解してからはあじめることが重要です。近年一般的になっている不動産投資は、自己の所有している土地にアパートや企業の入ることのできるビルなどを建て賃貸収入を得る手法です。
入居者がいれば、長期間安定的に収入が得られるので、老後の収入源として有望視されています。またアパート経営の場合、住民税・所得税が節税できるといわれています。一時管理会社が長期間にわたり一括借り上げするシステムが人気になっていたようですが、契約条件や期間、補償内容など良く吟味して契約することが必要なようです。
近年街の至る所にできている、コインパーキングや青空駐車場。建物を建てる必要がなく、簡単に収益を得られる比較的初心者にも手の出しやすい不動産投資に見えます。しかし、コインパーキングや青空駐車場の場合、土地を購入してまで始める不動産投資としては税金面の優遇メリットが薄く、もともと土地を持っていて活用していない場合にのみ遊ばしておくよりはいい活用法と言われています。実際、駐車場立地によって料金の差は大きく、繁華街や駅前などの場合は高い料金設定ができる一方、土地の取得代は高く、駅から離れた郊外の土地であれば、土地の取得代は安くつきますが、駐車料金の設定も安くなってしまいます。

実際に土地を持っていて投資する方法の他に、土地投資を行うファンドによる不動産投資信託などもあるようです。

土地活用で知っておきたいのは、地価の下落や地震などの天災の発生、思うように入居者が集まらないなどがあり、事前にその点を理解したうえで始めることが大切です。
 



FXで資産運用の新しい道
FXで資産運用の新しい道を探すサイト。取引の参考になるかもしれません。

FXのドル円取引!!
入門しやすいFX取引通貨について解説しています。まずは基本的な事を知ることから始めましょう。




やさしい不動産投資ガイド All Rights Reserved.